« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

RAFT

27日土曜日は、東中野・RAFTというフリースペースでイベントに参加させて

いただきました。

主催のみなさんが若い人達だったので、ここぞとばかりに若いエキスを吸いまくりました。

ありがたいことにお客様も満員、いつものように調子に乗って盛り上がりすぎて

帰りは疲労困憊、クッタクタで帰ってきました。

ですが、とても楽しい雰囲気で過ごせました!

お世話になったみなさんどうもありがとうございました。

RAFTはスペースとしては小規模かもしれませんが、音響、照明の最小限の設備は整っており、

しかもクオリティが高く、オススメです。

元・舞台スタッフの目から見ると、ここはナカナカでございますよ、えっへん。

催し物としてはコンテンポラリーダンス関係のワークショップなんかが多いらしいですが。

レンタル料も安いし、オーナーさんもとてもいい方です。

フリースペース・RAFT   http://www.purple.dti.ne.jp/raft/

しかしあれです、演奏がうまくいくか否かってのは結構些細な事象が原因だったりします。

私の場合は一番に、座る椅子の角度です。

次に、自分の右肩から外の空間のバランスがちょうどいい具合に空いているかって

ことです。

実は体調はあまり関係ないかもしれません。

とはいえ、やっぱり演奏前にお酒はやめておきます。

BGM : Give It Away    by   RHCP

|

RADIATOR

Radiator ひさしぶりにNINのRemixサイトを覗いて、お気に入りの「Binary Audio」さんのリミックスを聴いていたら、

この人どっかのプロのバンドのドラマーなんだね。

http://member.nin.com/profile/view?user_id=115473

→画面中央の continue をクリック!)

この人のリミックスはどれも秀逸。

Love is not Enough ,    Perfect Drug,   In This Twilight・・・・  

原曲よりよかったりして・・・coldsweats01

以前ついてなかったyou-TUBEのアイコンなどいろいろアップしてあったので開いてみると、

なんとまあかっこいいではないか、このバンド。

http://www.youtube.com/user/RadiatorUK

わりと直球のロック+ロール。 リフの展開がベタなのにカッチリした抜け感があるので

さっぱり聴ける。

しかも私の好きな3ピース。しかもいんぐらんど~加えて変拍子~~scissors

つまり英国・3ピースのドラマーということはもうもう買いです。

RADIATOR ・マイスペース

http://www.myspace.com/radiator11

よくよく見ると「Black Shine Charlie Clouser mix」なんて曲がある!!(笑)

そもそもRADIATORって単語自体、NINの影響120%という感じで笑えます。

さっそくCDをアマゾンでゲット。

良い時代でございます。

BGM : I AM      by   RADIATOR

|

運指に関するグチ

マッキーが一日、ピックを使って弦の響きかたを研究するように、
私も珍しく一日楽器のことを考えていたのですが、別段なにも進展なしです。

こういう日は一見ムダのように思えますが、いえいえないとダメなんです。

コンサーティナを買ってすぐ、マッキーと知り合い
強引にユニットを組み、それから練習しはじめたという
音楽を作る順序としては逆ですが、そんないきさつで4年目。

ミポ☆マッキー結成時は、アコーディオンはありませんでした。
なので最初は、メロディは全部コンサーティナでつくっていました。

が、アコーディオンも使うようになってから、
だいたいの曲はどちらでも弾けるようにしてあります。
もともと、ギャラリーライブが中心だったので、場所によって
使える楽器が限られる場合があるからです。
もちろん楽器によって曲独特のニュアンスがあるので
厳密に言うと、この曲はコンサーティナのほうが合う、という
ことはあるのですが、そうやって区別しているのももったいない
気がして、なるべくまんべんなく曲を披露したいという気持ちもあります。

自分ではじめてメロディを考えた「armadillo」や、「MELLOW」
新曲の「ルマンド」のメロディはコンサーティナで作りました。

でも今のところ、ライブではこれらをアコーディオンで弾きます。
この場合、鍵盤の運指(指はこび)は慣れているので、演奏にあまり支障はありません。
コンサーティナ→アコーディオンは比較的、ラク。

ですが、
「SQUASH」や「IREROCK」はもともとアコーディオンで弾き始めた
曲なので、これらをコンサーティナで弾こうとすると、
コンサーティナ特有のボタンの並びに、
音ひとつづつを当てはめていく作業からやらなければいけません。

鍵盤だと何の問題もなく押している和音も、コンサーティナの場合
使える指(片側最大3本)をフル稼働させることになるのでまったく余裕がなくなります。
慣れるまで頭の中は意外にも「3,4,3,2,3・・・」と指の順番ばかりめぐってしまいます。
(なんかジョンのギター講座みたいムード

加えて、アコーディオンよりジャバラの幅が狭いので
音の伸ばし方(のりしろ)と、息継ぎ(ジャバラ返し)、
指運びのバランスを考えてメロディが自然に流れるように弾かなければいけないので骨が折れます。

アコーディオン→コンサーティナは、けっこうツライ。


とグチったところで、27日(土曜日)の東中野のフリースペース
RAFTでは、新・旧の作品をコンサーティナのみで演奏してみようと思っています。
楽しんでいただけるように、準備していますのでぜひ遊びにきてください!

それから
パーカッショニスト・ウニちゃんの 「ウニラジオ」6月23日で曲をかけていただいています。 ぜひお聴きくださいませ!
ウニラジオは、リンクからもご覧になれます。
ウニちゃんのバンド土舎利の音源も聴けます(グルーヴ~指でOK

http://uninotaiko.cocolog-nifty.com/blog/



ちなみに、ウニちゃんとレコーディングした
「IREROCK」「MELLOW」はモンスターfmにて試聴できるように
アップしています!
こちらもぜひお聴きくださると嬉しいです。

https://monstar.fm/mipomacky




という訳でみぽはしばらくはひきこもり×ライブの日々になります

るんるん

|

6月20日ライブ後記

土曜日20日はアルカフェさんでライブでした!

1st.stageは、アルカフェのだんさんのアカペラユニット「アイランズ」さんでした。
なんでも結成してからちゃんとしたライブは初めてだったそうですが、

メンバーのみなさんキャリアがあってとても完成度高く、
安心して聴け、また心から楽しめる歌の数々でした。

いつも思うのですが、アカペラのアレンジってものすごく難しそう、
まったく門外漢なので想像もできないのですが
聴いていて、すごいな~と感心してしまいます。
あれは一種の才能でしょうか???すごく興味があります。
だんさんはとても楽しいとおっしゃっていましたが。

ミヤビんさんの曲「誕生日の歌」(文字あってますかね)
もアカペラアレンジで歌われて、じーんとしてしまいました。
そっかー、生まれてきてよかったあああーと純粋に思える歌です。

「きみが生まれてくれてよかった、生まれてこなかったら
きみと出会えなかった」
(歌詞アバウトです、すんません)
こんなシンプルな歌なんですよ、でもこれが効くうう~って感じで。

ぎぶるうぇーに匹敵する名曲ですね指でOK
命の酸化、あーそれじゃまずい、命の惨禍、じゃなくて、命の讃歌!!



2nd.stageの私らは、そんなすっごくいい雰囲気のおかげで
とてもリラックスして演奏できました。楽しかったです。
一緒に時間を過ごしていただいたかた、CDを買ってくださった方、
たくさん感想、声をかけていただいてありがとうございました!

次回のアルカフェさんでの演奏は
7月12日、ウクレレのオオモリメグミさんユニット&ミヤビんさんと。
この日も楽しくなります、きっと。
合同演奏もあり。セッションって言えよ。

みなさん、遊びにいらしてくださいね。


BGM:REMINDER  by NEARLY

|

画家・小川荒野さん個展で演奏します

画家・小川荒野さんの個展での演奏が決まりました。


■演奏日時:2009年7月6日(月曜日)
 午後1時ごろ~2時間くらいの間に不定期に(ゆる~く)演奏。

個展会期は6月27日(土)~7月6日(月)
AM11:00~PM6:00  入場無料

■アトリエ地中海の風(本橋邸)特別企画
 本橋建築設計事務所さんの個人宅を、展覧会の時のみギャラリーにして
 いらっしゃいます。
 都内からはちょっと遠いですが、ピクニックがてら遊びにいらしてください。
 春日部市大場546-16(東武伊勢崎線・せんげん台駅より徒歩15分)

■ご連絡はミポに直接お願いします。


~~小川荒野さん プロフィール~~

画家になる夢を抱き17歳で家出、スケッチブックを片手に世界中を
放浪する生活を送っていらっしゃいます。
「旅」「風」をテーマに活動して50有年、訪れた国は40数カ国、
作品発表は200回を超えます。
(2009年も毎月各地で個展が開催される予定)


荒野さんの作品は、どなたでも一度はどこかでご覧になったことが
あると思います。

よく「鼻歌を歌いながら描いた」と評される作品群に、
(作家として実際にはそれはないのですが、そう思わせるのがすごい)
「強い自由さ」を感じてとてもうらやましく思います。

音楽にも精通していらっしゃるので、ジャズやシャンソンなど
ご自分で歌われることもあるようです。
荒野さんがミポ☆マッキーの曲を、「規制にとらわれない」と
感じられたと聞いてうれしく、そしてこの展覧会ライブにつながったことに
感謝しています。

人生でも制作でも私より大先輩なのですが、
同じ目線でいろいろと語ってくださり、勇気を与えてくださる
ステキな方です。


ちなみに荒野さんの作品は、一見ペン画のようですが
画材は油絵の具を独自にアレンジして、このような
やわらかいタッチが実現しているそうです。

素晴らしい作品群をぜひご堪能ください(あと、ミポマキもね)るんるん
 

|

満員御礼

Ringomipo 6月12日(金)の池袋・鈴ん小屋でのライブ、
ほぼ満席で大変ありがとうございました。

たくさんの感想もいただいて、とてもとても嬉しいです。

ちなみに
「お菓子の曲よかったです」という方がいらしたんですが、
いえ、それは「お菓子の名前と同じタイトルの曲」です。
あしからず。

疲れも吹っ飛びます。感謝。

きっと
気合い入れすぎくらいで、ちょうど「伝わる」のでしょうね。
というか、気合いが入りすぎて、帰りに鼻血が出ました。
この年で、鼻血・・・
むしろ健康を心配しますね。

まあ、それはいいとして手(チョキ)

鈴ん小屋は
「土足厳禁」「ロハス的インテリア」 のわりにドスのきいたスタッフがいっぱいで 、
個人的には話が合いすぎでハマりまして(笑)始終腹かかえて笑ってました。
ちなみにマッキーは笑いすぎてぱったり倒れました。

まあ、それはいいとして手(チョキ)

また秋ごろに演奏させていただくことになりそうですので
ぜひみなさん遊びにいらしてください。
ここの有機創作料理、本当にウマイですよ。

このくらい気合い入れてる状態を常に維持できたら
相当いい感じに演れるのにな~
しかしまだまだです。

みなさんの視線と耳に鍛えられて生きていきます。



まあ、それはいいとして手(チョキ)

だれか一日で40肩が治るくすりをください。
まーかん(もーだめ)。寝る。

|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »