« 怒涛の週末~地獄編~ | トップページ | rockin'on »

怒涛の週末~天国編~

10月25日はミポひとりで下北沢モナレコードで、ランチライブ(サポート)でしたnote

Monarec 出演はオオモリメグミちゃんと、ザラザラフィルターのお二人。
前日に続いてはじめての場所、そしてこの日はマッキーがいない・・・心細い気持ちでリハに赴きました。

モナレコードは、ひだまりのようなイメージのお店。
下北的でとてもオシャレな場所なので(カフェランチとかあるし、
内装やスタッフさんもかわいくてステキなものばかりです)
私のキャラではないんですが、パッと見(パッとね)ならば、
森少女的な印象を与えられるんでは(年齢詐称)・・・という浅知恵で、
・・・めずらしく髪飾りとお化粧をしていきました(笑)にゃははcherry

50名限定ライブでしたが、それ以上にお客さんが殺到したようで、オープニングは結構バタバタしました。

サポートライブって、前々から機会あるごとに言ってますが、自分のライブより
責任があるし緊張します。自分が加わることでアーティストさんの世界が壊れる恐れがあるからです。
メグミちゃんの音楽は、透明感のある歌声と、ピリ辛でストレートな歌詞が同時に心にググッと入ってくる。その世界を、私は共有させてもらうわけです。
ライブの途中から出たりする場合は、演奏者にテンションや体温をあわせないと、上手く「合奏」することはできません。

緊張してステージに向かいましたが
弾き始めると、不思議とリラックスして演奏できました。
あたたかいお客さんの視線と、歌の力のおかげだったように思います。

メグミちゃんの新曲「FUYU」「ネコ」の2曲と、ザラザラフィルターさんたちとのセッション。
結局、私はお客さんと同じように楽しませていただきました。
ありがとうございましたshine

この日はたくさんカメラが入っていたので、そのうちに演奏を観ていただけると思います。

メグミちゃんが歌いながら涙を流したとき
メグミちゃんがこのステージに立つまでのことを思い
やっぱり音楽の力を信じないわけにはいきませんでした。

なぜ自分がここにいるのか。
どうしてここにいられるのか。

そういうことに気づかせてくれる音楽は、すごくてこわい。

ステージが終わって、そんなことをメグミちゃんと話した時間は
まさしく「This is the moment」、サマソニでNINを観た時間と同じ匂いがしました。

うまく言えませんが、恥ずかしい気もしますが
「永遠(とわ)」の匂いでした・・・・

photo : Macky

|

« 怒涛の週末~地獄編~ | トップページ | rockin'on »

ライブレポート」カテゴリの記事