« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

クタクタです

13日 荻窪ベルベットサンでのライブありがとうございましたnote

雨のなか楽器を担いでひたすら歩きましたが、会場のベルベットサンさんは
ウワサどおりの、居心地のよいサイコーの場所でした。
そして居心地のよい仲間との一夜。  リラックスして楽しい演奏ができました。

パーカッションの強力助っ人・ウニちゃんを迎えての2曲はいい出来。
You-Tube mipo☆channelに早速アップしています。ぜひご覧になってください。
(人物はひっじょ~に遠いんだけど音はグッドですんでscissorssweat01

http://www.youtube.com/watch?v=zQraE7C6xrQ

帰りにはお店の方と、またまたRockの話が始まり・・・

Photo あのねー、今年ねー、なんかねー、ライブやるとねー
必ず帰りにお店の人から
「Judas Priest」と 「RATM」 の話が出るのね。 
で、話が終わんなくて帰れなくなるのね。


この日はそれに加えてなんだか「Michael Schenker」 の話も出て
一気に脳みそが高校生に戻りました。

なんで?? ほんと、必ずこの2組の話が出て終わるんだよね。 不思議です。

で、やっぱりRageの影響力ってすごいんだな~って思いました。
会う人会う人、ファンだって言うんだもん。 ・・・まあ、私も好きだけど。

今月はあとはソロの仕事とプレ・でんぐり(レコーディングのこと)、マッキーとのでんぐり。

で、また来月xmasはライブが集中してます。 

がんばるーーーーー・・・ので、みなさん応援しに来てねdiamond

BGM : 太陽さん   by   立花ハジメ

|

モナレコード  動画

こんばんにゃ~

10月25日 下北沢モナ・レコードでのオオモリメグミちゃんライブの動画が
アップされております。

ホンワカ楽しいひとときでした。 ぜひご覧になってくださいまし。

『冬』 snow

http://www.youtube.com/watch?v=zGjVruLeaVk

『ネコ』 cat

http://www.youtube.com/watch?v=tsgQvS6vDBY

|

別れのとき

Bol2  ここ5~6年、ずっとある男性と同居しています。
色白で、全く動かないイケメンup  
私たち、どうしたもんか、この関係。 
静かなのはいいのですが、分かり合えてないよね、私たち・・・
彼本来の役割を果たしていないのは、やはりカワイソウだとずっと気になっていました。



そして先日モデルのお仕事でアトリエにいたときにハタ!!と思いついたのですeye
そうだ、寄付しよう。アトリエに。 
という訳で先生にOKをもらい、ちかじかウチを出て行くことになりました。

そうと決まったらと、ホコリのたまった彼の体をネリケシで掃除、それでも取れない汚れは
シャワーで落としましたsweat01

すると、想像以上に綺麗になり・・・
ああーこんなかっこよかったんかあ・・・ ヘルメスより好みかも(笑)

そういえば思い出したぞ~くだらないことを!

高校時代は、放課後美術部でよくお菓子を食べていました。
すると、クラスメイトが来て(美術部員でなはい) 半身の石膏像相手に抱き合う練習とか
語らいの練習をしていたな。
そういうオチャメさんを横目にお菓子を食べていたのです(絵は描いてないsweat02

抱き合うと、石膏の白いのが濃紺の制服に付着して真っ白になって(特に股のとことか)
先生に「あんたなにやってたの!?」 なんて言われてて・・・ 懐かしい~
若いっていいですね。


Bol1_2 ・・・でも、キレイになってよかったですhappy01 ボルゲーゼの闘士クン。
こんなにいい男になって、なんだか手放すのが惜しくなってしまう・・・

しかし
男をヴァージョンアップさせて外へ出すというのは女名利に尽きる。 

とも言える。

|

モデル

12年前、個展でお世話になったのが縁で、神楽坂のセッションハウスというギャラリーで
ダンサーをモデルにしたクロッキー会をはじめさせていただきました。 

私は6年目で、もう一人の主催者のかたに後をお願いして描くのをやめましたが
今現在でもその主催者のかたの素晴らしい情熱で会は続いており、
描きに来るかたも後をたちません。
(ご興味のあるかたはぜひ行ってみてください!)

・・・という訳で、いままで私はモデルを手配する側の人間だったのですが
先週は別のクロッキー会で、ひさびさに描かれる側をやってきました。
いつもは演奏に呼んでくださるアトリエのクロッキー会の企画です。

楽器をもった人物像がテーマで、私はアコーディオンを持って出かけました。
こちらのアトリエでは、学生さんが主流なのですが、みなさんお若いのに
しっかりしていらっしゃる~
とても親切にしていただき、おかげ様で緊張がほぐれました。

自分が主催していたクロッキー会では、実際に国内外の舞台で活躍している
ダンサーの方のヌードが中心で、ポーズ時間も1~5分と短いものもあります。
それでもモデルさんは表現者でもあるので、すごい集中力で
その時間のあいだ、ただじっとしているわけではなく、なにか物語を作って
その場に「在る」ように思えました。

はて、自分にそういうことができるのか・・・とても不安でした。

タイムテーブルは、15分ポーズ2回で(間の休憩は3分) 1ポーズ完成、
それを3セット。同じ時間で最後は演奏させていただきました。

15分微動だにしないというのは(実際はちょいちょい動いているが)本当に
辛いものですねえ、修業ですね。はじめは気が遠くなりました。
また、逆に15分間切れ間なく弾き続けるということもめったにないので(練習嫌い)
これまた自分の体力の限界と戦うこととなりました。軟弱ものです。

そんなこんなで約3時間が過ぎ、終わってみるとやはり色々な発見があり
とても充実感がありました。
合評会で生徒さんがそれぞれ感想を言いながら、描いた作品を見せてくれます。

そうかー私の後姿ってこんなふうなんだ・・・とか、弾いているときはこういう印象に
見えるんだ、など。
皆さんの、「こう描きたい」という衝動が伝わってきて、自分もこういう熱を
かつては持っていたと思うが・・・と、ちょっと反省とセンチメンタルな感覚にも陥りつつ。

ライブの感想とは違う「存在」についての発見が多く
そういう意味で非常に充実した時間でした。

また、アコーディオンの音を知らない人はいないかもしれませんが、実際に
あの壮大な音色を体感したことがある人は、結構少ないのですね。
楽器のつくりも含め、生徒さん達が面白がってくれたのは嬉しかったです。

合評会のあとは
ハロウィンということで生徒さんの手作りケーキをいただき、
皆さんと少しお話をして帰ってきました。 
翌日は全身筋肉痛でしたが、楽しかったです。

またチャンスがあったらやってみたいです。

・・・あ、それから今年のアトリエ忘年会でも、演奏しま~すnote

|

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »