« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

おめでとう!/ Congrats!

1_2

日曜日は、いつもお世話になっているT先生のアトリエ10周年記念パーティで
ミポ☆マッキーで演奏させていただきました。

80人ほど集まった会は、本当にあたたかい笑顔がいっぱいの、
ステキな集まりでした。

何度も言っていますが、
ここのアトリエの生徒さん、OBのみなさん、関わってるモデルの
方たち・・・・その人間臭さ&厳しさに、感謝と尊敬の念しかありません。

先生は、
まだまだこれから自分の使命があり、そのうちのひとつは
自分の伝えたいことを受け継いでくれる人間を育てることだと
おっしゃいました。

人はただ働いて、だた生きることもできるけれど、
なにかを形に残して死にたい欲求も、おそらく本能としてあると思う。
まあ、なにも残さない人もいないと思うが。

けれど、私は意識的にそれ(形にする作業)を行う人を尊敬する。

私にとってそういうことは、すばらしい、とか正しいとか
そういう感覚ではなく・・・眩しい・・・

自分も年をとったら、若い人になにかひとつでも残せたらいいなあと思った。

心はしみじみしていたけれど、生徒さん、OBさんのノリが最高で
とても楽しませていただきました。
どうもありがとうございました。

早稲田の(年齢的に)もんのすごおーーい後輩がいっぱいで、
「アネゴ」と呼ばれ・・・そういうのがなんかもう嬉しいッス。
あー気持ちよかったー

そして、この日ミポマキは初めて立って演奏!
コンデンサーマイク1本を挟んで立った姿はまるで「かしまし娘」!
(2人だけど・・・)

ノリは当然ロック寄りになりましてですねー
お客さんにたくさん盛り上げていただいて、
寄る年波もなんのその!(あとで腰にきたが)

「ヨーロッパの場末のバーにいるみたい!」と言われたりして
いい気になりました、はい。
目標に一歩近づいた感が(笑) ひゃっほ~

今後はたびたび立ちライブ(音があやしいですが)をやろう
と思っとります。

そしてアトリエOBで私の妹分が、手作り石けんとお花のお店を
ネットではじめています。
ご興味のあるかたは、ぜひチェックしてみてください!

SNOW CHIFFON 
http://snowwhite.littlestar.jp/snowchiffon/index.htm

ほんでは先生、引続きがんばってください!! 
また演奏しに行きますぜっ!

|

フォカッチャ7月31日/ Focaccia 31st. JULY

Yusuke_phyche

孤高のシンガーソングライター、北神祐輔とのnew unit 「FOCACCIA」
7月31日 ALCAFE さんで初ライブです。 いよいよ始動です。

が、祐輔さんはアホみたいに(失礼)忙しいので、このユニットは
2回目のライブがいつになるかわかりません。

久しぶりに祐輔さんと練習しましたが、熱いっ!
エネルギーにやられてまた目の前が白くなって・・・

私、本番対等にできるかなー・・・ いや、やらねばだ!

セットリスト候補を持ってきてもらったが、本当にどの曲もよくて
1曲も切れなくて困った、困った・・・

私があれこれギャーピー言ってる間、祐輔さんはずっと
ボロボロの12弦ギターをかきならし、
笑顔で酒ばっか飲んでるし・・・・・
なんかしゃべれっ!!
前歯入れろっ!!

基本は日本語の歌詞を、ということにして、あとは
もうとにかく熱い涙がちょちょぎれるすばらしいナンバーばかり

この人の歌、たくさんの人に聴いてもらいたい・・・本当に。

45分の構成とか、そーゆーもんは、この人には全くどーでもよかったんであーる

なーむー

Focacia_00418cm    

|

ともくん情報 / Tomo-kun

オランダ在住の舞台関係の友人、ともくんの
新しい活動情報が入ってきました!

相変わらず、私の座右の銘「人生とは発見だ!!」を
地でいってるともくん、すんばらし~っす。

地元名古屋公演のお友達の情報も載っていますので
今回は全文こぺぺ? 、ぽぴぴ?、えー・・・こぺぴ・・・ しますね。

■TOMOTONE Mail News 2010年5月24日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ちっとも暖かくならずに冬服がしまえなかったハーグにも、
ようやく春が来たようです。新緑と青空が気持ちいい。みなさんの街はどうですか。

さて、前回のニュースでも書きましたが、子供たちに音楽を届けるMEMOという活動に参加しています

ハーグでは最初となった僕の訪問を託児施設のサイトに4月9日の記事で取り上げていただきました

僕のブログに日本語翻訳を載せましたので、お時間あればご覧ください。
http://tiny.cc/x3ryr(元記事はオランダ語でこちら。http://bit.ly/auT9t2

最近はアムステルダムでのダンス公演「Metamorfoses」の準備に
忙しくしています。MetamorfosesはダンスカンパニーLeineRoebanaとEnsemble MAE
(音楽監督:Yannis Kyriakides)、そして王立音楽院で学ぶ6人の若手作曲家たちによる
ダンスと音楽のコラボレーション企画で、4台もパイプオルガンがあるOrgelparkで、
今週27日から四日間開催されます。僕が作曲と振付を担当した『Cartographer(地図製作者)』
も上演されます。トロンボーン、ウッドベース、電子音とダンスによるホワイエを使った、
12分ほどパフォーマンス。僕はコンピュータでノイズ出してます。
会場でお会いできれば嬉しいです。

橋本知久

──────────────────────────────────────
◎ダンス公演『Metamorfoses』
http://bit.ly/aHWtyj
■日時:2010年5月27日(木)28日(金)29日(土)30日(日)20:15-
■会場:Orgelpark, Amsterdam 020-5158111
■ダンス:Leine & Roebana
■演奏:Ensemble MAE, Gijs Boelen (organ)

# more info, please see below
www.leineroebana.com/
www.ensemble-mae.com/
www.orgelpark.nl/
Facebook[http://tiny.cc/18z84]

??????????????????????????????
■活動報告

ダンス「Resource」にダンサーで出演しました。
Ex Nunc定期公演"Reizen door de wereld" Joan van der Mast振付
2010年4月2日20:00-,3日15:00-/20:00-@Theater de Regentes, the Hague

橋本作曲の『死と鏡』(2007)がセビリア(スペイン)で上演されました。
コンサート"saXMedia"
Alfonso Padilla (Sax), Manuel Delgado (Electronics), Judith Mata (Dance)
2010年4月29日@Conservatorio Profesional de M?sica "Francisco Guerrero"

■予告
メロディカ3重奏『新しい人のためのファンファーレ (Rouse up, You all here)』が初演されます。
2010年6月26日16:00-@Rhijnhof Cemetry, Leiden


──────────────────────────────────────
■ オススメ公演

友人の長崎さんが名古屋で演奏会をされるそうです。お近くの方はぜひ。
現在ドイツで指揮者、伴奏ピアニスト、コレペティトーアとして活躍されています。

◎シューマン生誕200周年記念 LIEDERABEND
ソプラノ:ユリア・ゾフィー・ワーグナー ピアノ:長崎貴洋
日時 7月7日 名古屋伏見 電気文化会館ザ・コンサートホール 19時開演
一般3000円 学生1500円 全自由席
チケットお問い合わせ コンツェルト・ビュロー・アサイ 052-763-2634

ライプツィヒを拠点に活躍する長崎貴洋が歌手Julia Sophie Wagnerと共に
シューマンを中心としたプログラムで名古屋初リサイタル!

──
橋本知久 (+) HASHIMOTO Tomohisa
Time Based Artist (music & dance)
http://www.youtube.com/th424

|

The interview report English version/インタビューレポート 英語版

コンサーティーナインタビューレポートの英語版です。
英文のチェックをしてくれた方たちに感謝感激、ありがたやありがたや。

Concertina interview report

INTRO

One day in March, I received an email in English.
The matter was "Can we meet in Tokyo?"  Who is this?
Mr. Jeremy HAGUE, he is a committee member of
the ICA(International Concertina Association),
had seen my concertina performance on the internet.

Jeremy and his wife were traveling in Japan.
When I met them, I opened up to them immediately and my
concern turned into pure enjoyment.
They were so kind and greeted me and my friend with soft smiles!

First of all, I would like to talk about the ICA.
The company was established about 60 years ago, with
many memberships all over the world. (http://www.concertina.org/ica/)

The committee are playing a vital role in preserving the concertina's
history. They sometimes goes to various countries and
meets with the concertina players, interviews, and plays
with them. There are many scores listed on the internet,
and available to member's on request- there's a lot
more music than is listed.

Jeremy is also a 3rd generations concertina player.
Herbert HAGUE, His grandfather had appeared on the
BBC in 1975, with the smallest Wheatstone concertina
(with only 14 buttons!). 
His father also had arranged some scores of traditional tunes
for concertina players.
Jeremy also has many photos, scores, and sound sources.
We enjoyed every bit of them. I felt the precious history in them.

INTERVIEW

Jeremy interviewed me about my main activities (solo
and mipo☆macky), and also making the concertina more
well known and respected in Japan.
I felt a bit surprised that he knew so much about my
work before we've even met!
I told him that I had just met macky when I was searching
for a guitarist, and also told him about my teacher,
Mrs. Miyuki MIURA to whom I owe much gratitude.
I was glad Jeremy have taken my story seriously.

He asked me what my future plans are. I answered that
I hope to play in Europe, then he said " There are so
many players in Europe ! "
He made it sound very exciting !
In Japan, it's often said that it is very difficult to find a
chance to play in Europe.

・・・・If you need something or someone, it's swim into the stream,
then you can meet them. It's not surprising.・・・・
Jeremy expressed it with a soft look. I was very grateful.

AT THE PARK

After the interview, we went to a park, and played a few
songs. Then Jeremy played some tunes that had beautiful
Welsh melodies.
I think his playing style had a harmony-concious that was
traditional and dep.

Eventhough he is continuing an important tradition,
he took interest in my slightly eccentric playing style.
It's such a great and wonderful thing for me and another
players. I think it's difficult for many people to embrace
styles different from one's own.

Of course, it's important to preserve the history and rules
to produce works.
On the other hands, there is the freedom from the rules
and restrains in music.
That was the most impressive thing that I felt on that day.

Then Jeremy shared us some valuable scores.
I promised to send him scores of Japanese traditional songs.
There are many beautiful melodies in Japan ! I was reminded
of this recently.

Although our time spent was short, we enjoyed the chance
to meet each other.
I would like to keep in touch with them in the future and
want to make an effortto continue the friendship through music.

Thank you.                               

Miho Tohmatsu

Mipotategray

|

インタビューレポート 日本語版/ the interview report Japanese version

イギリスのコンサーティーナ協会の方との会合(?)の内容を日記風に書いてみました。
まずは日本語バージョン、次に英語バージョンをアップします。

コンサーティーナ インタビューレポート

イントロ

3月のある日、メールが来ました。 英語のメールです。
「東京であえませんか?」 さて誰だろう?

ジェレミーさんはイギリスのコンサーティナ協会のかたで、インター
ネットで私の演奏を観てくださっていました。
ジェレミーさんご夫妻はちょうど日本を旅行中で、お会いしてみると
私たちはすぐに打ち解けて、不安が純粋に楽しく変わっていきました。
ジェレミーさんと奥様は、とても気さくに優しい笑顔で私と友人を迎えてくれたのです。

最初に紹介しておきたいのですが、
ICA(International Concertina Association) は発足して約60年の
イギリスの団体で世界中に会員がいます。
http://www.concertina.org/ica/
スタッフの方たちは有志で楽器の歴史を守っているのです。
みなさんは時にさまざまな国へ行き、その土地の演奏家に会い、
話を聞き、セッションをすることもあるようです。
ICAは、楽譜をネット上でリスト管理しています。
会員の要望に応えており、実際はリストより多くの楽譜を持っています。

ジェレミーさんは、おじい様から3代にわたってコンサーティーナ弾き。
おじい様は1975年にBBCに出演して演奏を披露したことがあり、
その時の使用楽器がなんと小型の14ボタン、
ウィートストーンのコンサーティーナなのです!
私たちはそのときの音源も聴かせていただきました。
それはとても高く澄んだ可愛い音色でした。
また、お父様はウエールズ地方の民謡をコンサーティーナ用の
楽譜におこしたりもしているそうです。
ジェレミーさんは写真と楽譜、そしてこのような音源の資料を
たくさんもっていらっしゃいました。
私はこれらの資料を拝見して、貴重な歴史を感じとりました。


インタビュー

私は、今の活動内容(ミポ☆マッキー、ソロ)と、コンサーティーナ
の日本での普及率などについて聞かれました。
初対面の方が自分の活動について詳しく知っていて、
話を聞かれて、なんだか不思議な気持ちになりました。
ギタリストを探していてマッキーと知り合ったこと、現在、とても
尊敬する三浦みゆき先生に師事していることを話しました。
ジェレミーさんがとても真剣に話を聞いてくださったのがうれしかったです。

これからどうしたいですか、という問いに、ヨーロッパで弾けたら
いいですね~・・・と答えると「ヨーロッパにはたくさん演奏家がい
るよ」と言われました。
それは私には、仲間がたくさんいて楽しい、という意味に聞こえました。
日本ではだいたい「ヨーロッパは本場だから、太刀打ちできない」
という意見を聞く事になるのですが。
人はなにかを求めれば、その意思が流れをつくり加速してゆき、
その中に身を投じれば求めたものに出会える・・・
ジェレミーさんは表情でそれをあらわしてくださっていました。
とてもすばらしいことです。

公園で

その後、私達は公園へ行きました。
私は自分の曲を数曲演奏し、ジェレミーさんは美しい旋律の
ウエールシュ(ウエールズの民謡)を弾いてくださいました。
ジェレミーさんの奏法は伝統的で深く、ハーモニーを重視した
ものです。
楽器の歴史とともに育ったにもかかわらず、私のとっぴもない
奏法を面白い、紹介したいと思ってくださった、それは、
私だけでなく、演奏家みんなにとってもすごくありがたいことだ
と思っています。
自分と違うやり方をしている人をきちんと見る、受け入れると
いうのは多くの人にとっては非常に難しいことです。

もちろん、歴史や決まりごとも、ものを作るうえではとても重要
ですが、音楽には本来誰にも侵されない自由があります。
この日、一番印象的だったのは、このことを実感できたことでした。

ジェレミーさんは、私と友人に貴重な楽譜をコピーしてくれました。
私も日本の伝統的な曲の資料を送ることを約束しました。
日本には、ステキなメロディがたくさんある! 近頃改めて
思っているところです。

本当に有意義な時間でした、短い時間でしたが、楽しかったです。
今後もコンタクトをとりあって、音楽を通していいおつきあいが
できればと思っています。

(最後に、英語に不慣れな私につきあってくれた音楽仲間の
みなちゃん、どうもありがとうございました!)

遠松美歩

418420_2

|

グループ展/ group exhibition

阿佐ヶ谷のアート&ライブバー GAMUSO(http://www.gamuso.com)にて
平面作品のグループ展に参加させていただいています。

過去作品しか出品しておりませんので申し訳ないのですが
企画の方にせっかく誘っていただいたのと、
最近作品を観ていただく機会がないので、参加を決めました。

このグループ展のコンセプトはありません。作風はばらばらです。
企画者の方の、広く作家を紹介したいという
ボランティアな気持ちから実現しています。

昨日5月18日から6月5日まで展示しています。
いらっしゃっていただけるようでしたら、できる限り顔を出したいと
思いますので、ぜひご一報いただきたいと思います。
(トップページ右上のメール送信からどうぞ)

時間は午後8時から深夜2時。
毎週水曜日は私がバーテンダーで仕事してます。
お店の人は日本語が話せます。
ドリンク500円から、ノーチャージですのでお気軽に。

オープニングパーティは22日(土曜日) 8PM~1AM。
DJが入りにぎやかになりそうです。こちらもノーチャージ。

art出品者
Michael Beddall 
Miho Tohmatsu
Katsuro Miyauchi
Akiko Koba 
Goverment Alpha
Rob Foote

|

ミポ☆マッキーライブ / mipomacky LIVE

MIPO☆ MACKY   LIVE !!!

5月21日 (Fri.)   at   荻窪・アルカフェ

1st.stage 7:30~8:45  禁煙 no smoking

2nd.stage はウクレレの DAIMAさんのソロです!

charge 500yen + 1 drink

荻窪・アルカフェ http://alcafe.incoming.jp/

today's BGM :   Achilles last stand  by  LED ZEPPELIN

|

音源いくつか/ sound sources

マイスペースに

ミポ☆マッキーのライブ(armadillo)と

友人のダニーと演奏した作品をアップしました

http://jp.myspace.com/mipoona

よろしくお願いします☆

|

夏に向けて/ summer live schedule

今年のミポ☆マッキーは隔月で活動する傾向です

5月21日(金) 荻窪・アルカフェ 

7月23日(金) 池袋・鈴ん小屋

そして、あの孤高のシンガーソングライター、北神祐輔と

わたくしむりやりユニットを組みました!その名も「フォカッチャ」 ! 

名前はカワイイですが内容はロックです!

そしてむりやりライブも決めました!

7月31日(土) 荻窪・アルカフェ

スケジュール
http://alcafe.incoming.jp/cgi-bin/alcafe_sched.cgi?df=201007
アーティスト情報
http://alcafe.incoming.jp/cgi-bin/artist.cgi?user=&req=detail&dArtist=190

こちらはミポ☆マッキーとちがい、とことん暑苦しいライブです

二人とも暴れます

怖いもの見たさでお越しくださいまし

どうぞよろしくお願いします

|

2曲ライブ/ mini live

Mipo_solo_05082010_013_0004

昨夜、荻窪アルカフェさんで2曲ライブに参加してきました

「香水」 と 「otoshigo」 です

You-Tubeにアップしました 仕事早いよ(今日だけ)

http://www.youtube.com/watch?v=iKbGHpHDiyw

後半は限定オープンマイクとなり、期せずしてマッキーのオートハープを

聴くことができました これまたよかった

アルカフェさんには5月21日にミポ☆マッキーでお世話になります

どうぞよろしく

|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »