« グループ展/ group exhibition | トップページ | The interview report English version/インタビューレポート 英語版 »

インタビューレポート 日本語版/ the interview report Japanese version

イギリスのコンサーティーナ協会の方との会合(?)の内容を日記風に書いてみました。
まずは日本語バージョン、次に英語バージョンをアップします。

コンサーティーナ インタビューレポート

イントロ

3月のある日、メールが来ました。 英語のメールです。
「東京であえませんか?」 さて誰だろう?

ジェレミーさんはイギリスのコンサーティナ協会のかたで、インター
ネットで私の演奏を観てくださっていました。
ジェレミーさんご夫妻はちょうど日本を旅行中で、お会いしてみると
私たちはすぐに打ち解けて、不安が純粋に楽しく変わっていきました。
ジェレミーさんと奥様は、とても気さくに優しい笑顔で私と友人を迎えてくれたのです。

最初に紹介しておきたいのですが、
ICA(International Concertina Association) は発足して約60年の
イギリスの団体で世界中に会員がいます。
http://www.concertina.org/ica/
スタッフの方たちは有志で楽器の歴史を守っているのです。
みなさんは時にさまざまな国へ行き、その土地の演奏家に会い、
話を聞き、セッションをすることもあるようです。
ICAは、楽譜をネット上でリスト管理しています。
会員の要望に応えており、実際はリストより多くの楽譜を持っています。

ジェレミーさんは、おじい様から3代にわたってコンサーティーナ弾き。
おじい様は1975年にBBCに出演して演奏を披露したことがあり、
その時の使用楽器がなんと小型の14ボタン、
ウィートストーンのコンサーティーナなのです!
私たちはそのときの音源も聴かせていただきました。
それはとても高く澄んだ可愛い音色でした。
また、お父様はウエールズ地方の民謡をコンサーティーナ用の
楽譜におこしたりもしているそうです。
ジェレミーさんは写真と楽譜、そしてこのような音源の資料を
たくさんもっていらっしゃいました。
私はこれらの資料を拝見して、貴重な歴史を感じとりました。


インタビュー

私は、今の活動内容(ミポ☆マッキー、ソロ)と、コンサーティーナ
の日本での普及率などについて聞かれました。
初対面の方が自分の活動について詳しく知っていて、
話を聞かれて、なんだか不思議な気持ちになりました。
ギタリストを探していてマッキーと知り合ったこと、現在、とても
尊敬する三浦みゆき先生に師事していることを話しました。
ジェレミーさんがとても真剣に話を聞いてくださったのがうれしかったです。

これからどうしたいですか、という問いに、ヨーロッパで弾けたら
いいですね~・・・と答えると「ヨーロッパにはたくさん演奏家がい
るよ」と言われました。
それは私には、仲間がたくさんいて楽しい、という意味に聞こえました。
日本ではだいたい「ヨーロッパは本場だから、太刀打ちできない」
という意見を聞く事になるのですが。
人はなにかを求めれば、その意思が流れをつくり加速してゆき、
その中に身を投じれば求めたものに出会える・・・
ジェレミーさんは表情でそれをあらわしてくださっていました。
とてもすばらしいことです。

公園で

その後、私達は公園へ行きました。
私は自分の曲を数曲演奏し、ジェレミーさんは美しい旋律の
ウエールシュ(ウエールズの民謡)を弾いてくださいました。
ジェレミーさんの奏法は伝統的で深く、ハーモニーを重視した
ものです。
楽器の歴史とともに育ったにもかかわらず、私のとっぴもない
奏法を面白い、紹介したいと思ってくださった、それは、
私だけでなく、演奏家みんなにとってもすごくありがたいことだ
と思っています。
自分と違うやり方をしている人をきちんと見る、受け入れると
いうのは多くの人にとっては非常に難しいことです。

もちろん、歴史や決まりごとも、ものを作るうえではとても重要
ですが、音楽には本来誰にも侵されない自由があります。
この日、一番印象的だったのは、このことを実感できたことでした。

ジェレミーさんは、私と友人に貴重な楽譜をコピーしてくれました。
私も日本の伝統的な曲の資料を送ることを約束しました。
日本には、ステキなメロディがたくさんある! 近頃改めて
思っているところです。

本当に有意義な時間でした、短い時間でしたが、楽しかったです。
今後もコンタクトをとりあって、音楽を通していいおつきあいが
できればと思っています。

(最後に、英語に不慣れな私につきあってくれた音楽仲間の
みなちゃん、どうもありがとうございました!)

遠松美歩

418420_2

|

« グループ展/ group exhibition | トップページ | The interview report English version/インタビューレポート 英語版 »

お知らせ」カテゴリの記事